プロフィール

みつき

Author:みつき
みつき(へたれママ)
パパ(あまあまパパ)
小さなゆづ(8歳0ヶ月・愛すべき怪獣)
はるくん(ゆづの小さな弟)
    (愛すべき小さな怪獣)


最近の記事


最近のコメント


ランキング

ランキング参加してます! ぽちっとお願いします!  ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング


お薦めです

楽天市場でのお買い物はこちらから♪

輸入フォーマルウェア
アウトレット販売♪

おしゃれなベビー服♪
プレゼントにも!

ナイスなポストと
表札が見つかります!

50人に一人ただ!!
だそうですヨ。

我が家の家具、
ここで買いました♪

旅行はやっぱりじゃらん


おいしいお薦め

塩加減とチョコの甘さが絶妙!
ロイズ ポテトチップチョコレート


あのおかしっくすですよ~!



ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒園。

私、正直、3.11の地震が起きてから、

何かが止まってしまっていて。

地震の翌日の、TVでの目を覆うような津波の映像や火事・・・その後の原発問題。


あの日からしばらくは家にいる間はずっとニュースに釘付けで、
見たら見た分、夜は一人が怖くて、震えてた。

子供達と一緒にいられるこの時は、平凡な毎日なんかじゃなくて
かけがえのない一瞬なんだって実感した。

毎晩、子供の寝顔を見て、過ぎた日に感謝した。



それと同時に、

友達と遊ぶ約束をしたり、子供たちとどこかに出かけたりする事に
すごい抵抗を感じた。

ドラマを観たり、お菓子を食べてリラックスしたり、
そんな事してたらいけないんじゃないかって思って、後ろめたかった。


だから、ゆづが無事に卒園できた事は すごく嬉しかったけど、
すぐブログに書こうという気持ちに、
自分の心をもっていけなかった。



でも、ある人が言ってくれた。


「もし、あなたの時計が止まってしまっているなら、
 ぜひ、針を動かしてください。」 って。


ホームページ上でのこのメッセージを読んだとき、
確かにカチリと心に音がした。

そうか、みつきは自分で自分の時計を止めてしまっていたんだって気付いた。

そしてそれが、無意味な事にも。


それから、「わたしたちにできる事をしよう」「募金しようよ」って
ブログを書いたの。


タイミングを逃して 卒園式の事が書けないでいるうちに、
おばあちゃんが亡くなり・・・・。
新しい門出、小学校入学があり・・・。

卒園の事も書けてないのに、いきなり入学の事書くのもなって思ってるうちに

入学後一ヶ月も過ぎちゃいました


みなさん、ゆづは元気に小学校に通ってます。

ずっと更新してなくてごめんなさい。


3月17日は卒園式でした。

担任の先生が一人ずつ名前を呼んでくれて、練習したんだろうね、
みんな とっても大きな声で「はい!!」と返事をしてました。
もちろんゆづも、とっても大きな声で返事をして、
園長先生から卒園証書もらって、
「ありがとう!!」と、これまた大きな声で言って、お辞儀して
胸張って戻ってきてた。


入園したての頃は、
制服もブカブカで、「ママにあいたい~!」と園で泣いた事も何度か。

そんなみつきの「ちいさなゆづ」は
もうちょっぴり「ちいさな」を卒業してました


この日のゆづちゃんの笑顔は本当にステキでした

パパにも見せてあげたかったな。
結局パパは、卒園式も入学式にもこられなかったのです。

だからみつきはパパのために、右手にビデオ、左手にカメラで頑張ったのですっ

頑張った甲斐あって、可愛い笑顔が撮れましたよ


yudusotuen!



ついでに、入園したての頃のゆづ♪
20080417222142.jpg


ゆづちゃん、卒園おめでとう!!
3年間、幼稚園で沢山の新しい事にチャレンジしたね!
なんでも一生懸命頑張るゆづちゃんは、ママの誇りです。
これからも、子供らしいキラキラした笑顔を忘れず、
毎日、友達と仲良く、勉強も遊びも沢山してね。
子供の頃は、   


夏休みは いつも 秋田で過ごしていました。

寝台車にお兄ちゃんと二人で窮屈な思いをしながら寝たり、
新幹線の中で、いつもお母さんが買ってくれるお茶が好きだった事なんかを覚えてる。
ペットボトルのお茶とかじゃないよ?
たぶん、売店か車内販売で買ってくれてたと思うんだけど、
半透明の容器で・・・小さな水筒みたいなヤツで・・・。
「はい。」って渡されると自分のお茶だって思って嬉しかった。

着いたら
おじいちゃんとおばあちゃんが待っていてくれて。


朝はいつも、家の裏の畑で取れた、新鮮な野菜が食卓に並んで。
スライスしたトマトに、醤油をかけて食べるんだよ?

あんまりしないよね(笑)


でも、

今でもたまに   食べたくなるよ。


みつきとお兄ちゃんに、ジャガイモ掘りが出来るように、
全部収穫しきらないで、残しておいてくれたりした。

よく、玄関とガレージの間にゴザを敷いて、
みんなでご飯、食べたよね。

メロンのお酒とか、バイオレットとか、
「みつきもちびっと飲んでみるか?」なんて笑ってたよね。

その後 いつも花火してた。

みつきとお兄ちゃんは、商店街のいつものお店で花火を買うとき
必ず「打ち上げパラシュート」を買ってさ、

それでまた、そのパラシュートが、2つか3つ落ちてくるんだけど
必ず1つは、おうちの平屋部分の屋根に落ちちゃうのね。

次の日、明るくなってから、2階の窓から平屋の屋根に降りて、拾いに行ってたな。



懐かしい。


子供の頃は、毎年行ってたのに、
高校生くらいから行かなくなって、夏休みはバイトばかりしてた。

その頃かな。

おじいちゃんとおばあちゃんが一度、埼玉のおうちに遊びに来てくれた。

自分たちももう歳だから、東京見物ももう来れないかもしれないからって。

それなのに、みつきは「忙しい忙しい」ってバイトとかであまり家にいなくて。
あまりしゃべれなくて。
最後の晩に、
みつき、おじいちゃんとおばあちゃんに唐揚げを作ってあげたの。

唐揚げ粉を使いたくなくて、下味をつけて揚げたんだけど、
すっごく薄味になっちゃって。
東北の濃い味のおじいちゃんたちには絶対薄かったと思うんだけど、
「これは、お醤油をかけて食べる唐揚げなんだね。」
「うんめ、うんめ」って嬉しそうに食べてくれた。

「なんだかみつき、変わってしまったなぁって、寂しいなぁって思ってたけど」
「やっぱり変わってなかったぁ。昔の優しいみつきのまんまだぁ。」
「良かったぁ。良かったぁ。」

そう言ってすごく喜んでくれた。 照れくさかった。

そんなおじいちゃんは もう何年も前に亡くなってしまった。
みつきが結婚した年か、その次の年だった。


そして、先月
3月28日に  おばあちゃんが亡くなった。

子供達を連れて飛行機で秋田に向かった。

子供達を、パパの実家にお願いする事もできたかもしれない。
でも、みつきは連れて行きたかった。
おととし、一緒に手を繋いで歩いたおばあちゃん、
「ふわふわお手手」の子供達のひいおばあちゃんに
最後のお別れをさせてあげたかった。
おばあちゃんに、曾孫の姿を見せたかったの。

おととし、一緒に撮った写真を
おばあちゃんはいつも眺めてくれてるって言ってた。
「また会いに来るね」っ言ったのに・・・。

言ったのに・・・ごめんね。


おばあちゃん。

人間は 忘れゆく生き物だけど、

みつきは人一倍、物忘れが激しいけど。

おばあちゃんの声、覚えてるよ。
おばあちゃんの繋いだ手の感触も、忘れてないよ。

おばあちゃんが畑で取れたトマトでジュースを作ってくれた時、
砂糖が入ってて、甘くてびっくりしたけど、
お母さんが「普通はお塩入れるでしょ?!」って言って
おばあちゃんは「んだか?」って不思議そうな顔してたけど、
あれはあれで、美味しかったんだなぁって思うよ。
だってね、また飲みたいなって思うんだもの。

おばあちゃんの作ってくれるかき氷は
シロップはいつも「みそれ」で、大好きだった。
みつきが今まで食べたかき氷で一番美味しかったのは、
おばあちゃんのかき氷だよ。
あぁ、かき氷器探してもらってくれば良かったよ。

おばあちゃんのケチャップ煮込みハンバーグも
朝よく出してくれた、小麦粉つけて焼いたハムも、
懐かしい匂いを漂わせて、みつきの心に残っているよ。


どうしても、記憶は薄らいでいく。
覚えているつもりでも、こぼれ落ちてしまうよね。
だけど、今、
今 みつきは覚えている。
おじいちゃんの事も、おばあちゃんの事も、こんなにも覚えているよ。

子供の頃の、一夏 一夏の想い出を 
こんなみつきでも、自他共に認める忘れんぼのみつきでも




忘れていないよ。


おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう。

そして、毎年連れて行ってくれたお母さん、ありがとう。



久し振りの更新です。

私たちは元気です。
あまりにも更新してなくて、心配してる人がいるといけないので。

あまりにも、


あまりにも ひどい天災がこの日本におきてしまって。

それに連鎖しておきてしまった原発問題・・・。


西日本にいる私たちには、日常、なんの変化もないのです。

でも、こうしている今も、


寒さに震えてる人たちがいる。

命をかけて見えない放射線と戦いながら
この国を守ろうと 必死で作業している人たちがいる。

そして、その人達が無事に帰ってくる事を
祈りながら毎日をやり過ごす家族たちがいる。

頭の下がる想いです。

本当に  胸が痛い・・・。


私に出来る事。



変わらぬ日常を過ごす、私に出来ること。
私たちにできること。

節電はもちろんだけど、やっぱり募金だと思う。

被災地の復興には、時間もお金も相当かかると思う。

西日本だけじゃない、被災地以外の全国のみんな、



募金しよう・・・。


一人一人の力は小さくても、みんなが協力すれば、大きな力になるはず。

みつきはしたよ。
これからもするよ。

こうして毎日幸せに暮らせている事に感謝し、
少しでも早く、みなさんに笑顔が戻りますよう祈って。


お金ないんだよねって言ってる人。
今日明日 食べるものに困ってるわけじゃないでしょう。

する気はあるんだけどって言う人。
する気はあってもしないんだったら、する気がないのと同じだよ?

みつきがおしり叩いてあげるから、
ほらっ みんな募金しようよ!






助け合おうよ。



自らの強い意志でして欲しいから

募金先なんかは貼付しないよ。


話変わって、今日はるすけが
頭を3ハリ ホッチキスでとめるケガをして。

家のまわりをおねえちゃんたちとおにごっこをしてて、
家の裏側のじゃりのところで転んだらしいんだけど・・・。
泣き声が聞こえたから見に行ったら、
見たところ外傷はない・・・。
けど、すごい痛がって泣いてて。
手とかほっぺに、うっすら血がついていて・・・
え?!どこから出血してるの?!って探したら


頭から血が出ていて

急いで救急に電話して、病院紹介してもらって行ったんだけど。

縫うとなると大がかりだから、ホッチキスでとめますねって言われて

「ちょっと痛いけど我慢してね」って頭にホッチキスをあてられてるはるを見てたら
涙が出てきちゃって

涙がとまらなくて、ゆづには「ママちゃん泣いちゃってるの?」って言われる始末

情けない母でした・・・。

頭、3針ホッチキスでとめられたけど、はるが無事で良かった・・・。




ゆづ6歳!

20100914-8
ゆづちゃん6歳おめでとう


9月14日、我が家のわがまま姫も、とうとう6歳になりました


でも、今年のお誕生日はパパがいない。

ゆづちんに寂しい想いをさせてはなりません!!

誕生日前の11日12日の土日で
パパの所まで行ってきましたよ。

やっぱり家族揃ってお祝いしてあげたかったから

お昼過ぎに向こうに着いて、
夕飯は ゆづちんリクエストのお寿司です。

パパ方のじいじ・ばあば、それにいとこちゃんたちも来てくれて。
でも、誰がどこに座るかで揉めに揉めて・・・
最終的にはなんとか場を収めることはできたけど
結構大変でした

食後に解散して、家族水入らず社宅で ケーキ囲んで
改めてお祝い

ママとはるくんからバースディカード。
パパからもバースディカードをもらって、とっても喜んでました


これ、はるくんが一人で頑張って書いたんだよ。
練習させて、横でみつきが
「まず横だよっそれから縦!・・・そこでくるりんちょ!」と声をかけて。
正真正銘、一人で書いたゆづちゃんへのカード



そして明けて13日 月曜日。
はい。ゆづちゃんのお誕生日前日ですね。
はい。月曜はお弁当です。

どんなお弁当にしよう???ってだいぶ悩んで、出来上がったお弁当です
moblog_8fc0ada8.jpg

女の子はゆづ。男の子ははるのつもりで作りました。
魚肉ソーセージとチーズの三段ケーキ持たせてます♪
あと、ゆづのには魚肉ソーセージで作った 6歳の「6」


20100914-1
こちらは誕生日当日の朝食。
「6さいおめでとう」と「おはようはるくん」です

moblog_28067ab6.jpg
喜んでくれました~
20100914-2
はるしゅけも
20100914-3
髪の毛ボサボサだったので結びました(笑)
好きなよ~に食べ進めてます☆



そして、今年のケーキです!!
20100914-4
キュアブロッサム!!
上出来です! めちゃくちゃ頑張りました!
スポンジも今までで1、2を争う出来映えでした♪
ブロッサム・・・・。
バタークリームで作ればもっと簡単だったと思うけど、
みつき、バタークリーム好きじゃないの・・・。
だから、チョコで描いた線の間に、
ジャムと食紅少々で色をつけた生クリームを塗り込んでいったの。
はみ出したら丁寧に拭いて・・・・デコレーションに三時間かかったんだぁ。
でも満足です

この日、ゆづとはると三人でお祝いするより
賑やかなほうが楽しいと思って、
社宅に住んでた時からのお友だち、
りょうきちちゃん・だいちゃん(三歳)ななちゃん(〇歳)親子を夕食に招待してて。
(この夏、近所に越してきたの♪)

ゆづちゃんの好きな唐揚げとカボチャスープなどの夕飯の後、
ケーキを出したんだけど

ブロッサムケーキの登場に ゆづちゃんのテンション
それどころか、はるくんとお友だちのだいちゃんのテンションも

はるは、側面の生クリーム舐めちゃうし、
なんかロウソクに火を灯す前にかじられちゃいそうな勢いだった(笑)
写真撮りたかったから、必死で阻止したよ
20100914-7

20100914-5
あ、夕飯用にこんなのも作ったんだった
ポテトサラダの三段ケーキ♪
20100914-6
よく見て!ゆづの顔!
べった~り厚化粧してるでしょ?!

今年の誕生日プレゼントは「メイクセット」だったのです。
一年ほど前から「ほしい!ほしい!!」言われてて

「子供に化粧は必要ない!!」と思っているみつき。
一年我慢させて、今年ようやく買ってあげました。

幼稚園児が遊びで化粧をするのが普通になりつつある・・・。
そんなんだから、化粧をして外を歩く小学生が出てくるんだ!!って
声を大にして言いたい・・・。

でも(そうは思っていても)結果的に買ってあげたんだけど

まぁ、みつきもお母さんの口紅やアイシャドウを拝借して遊んでたし、
それでも問題なく育ったから・・・ゆづさん信じますか

6歳になったゆづちゃん。

ママを困らす事も怒らせる事も多いゆづちゃん。
ママは日々、あなたとの接し方に悩んでいたりします。

でも、笑顔もたくさんくれますね。

ママのお手伝いもいっぱいしてくれるよね。
はるくんの体も頭も洗ってくれるし
幼稚園のバレエシューズも二人分洗ってくれる。

洗濯物もはるくんと二人で畳んでくれるし
幼稚園の制服は、はるくんの分もハンガーにかけてくれるよね。
ママはとても助かっています。

ママがお願い事をすると、いつも「はい!」ってしてくれる。
そんなあなたのまっすぐなやる気がまぶしかったりします。

いつもありがとう!

最近、言葉遣いや生活習慣などで、ママを悩ませる事の多いゆづちゃんだけど

何をするんでも一生懸命で、
いつだって輝いてる、いつまでもそんなゆづちゃんでいてください。

どうかまっすぐ育って。

そして、心の花を 

優しい色で染めてください。


キュアブロッサム目指して頑張れ!!





サボり。

お、

おひさしぶりです。


サボりすぎました


更新しなかった間に色々な「夏の思い出」があったけど・・・。

一気に書くのは大変だから
ちょっとずつ(笑)

8月の4日から8日までは、パパ実家とパパの社宅を往復する日々・・・。
(毎日往復してたわけでもないんだけど・・・。)

パパ実家からパパの単身赴任先は車で30分くらいなので、
昼間は実家で過ごして、
夜に社宅に移動して晩と朝はパパと過ごす・・・みたいな。

この期間にいとこちゃんたちと 海にも川にも行きました!!
川で泳ぐのは子供たち初めてのことだったから
良い経験になったかな?!
曇っててすんごい水が冷たくて、
みつきはふくらはぎくらいまで水に浸かってるだけで
子宮が「きゅっ」ってなるくらいだったけど(汗)

この時の海で、ゆづちん
お顔を水につけて、バタバタバタ!!っとちょっと泳ぐことができて

「ちょっとおよげた!!」って本人すごく喜んで
海の後に 温泉に行ったんだけど、
運よくだあれも入ってなくて、
そこの湯船でもいとことバチャバチャ泳いで遊んでたぁ

泳ぎは習っていないから、どうやって泳いだらいいのかも
よく分かってないんだけど、とにかく適当にでも進む事ができて
とっても嬉しかったのね
お目目がキラキラしてた
今までは水に顔をつけるのが苦手で
幼稚園でのスイミング(年3回)でも
極力顔に水がつかないようにしてたゆづが
ちょっと自身がついたみたいで、
何回も何回も泳ぐ練習をしてる姿は
なんだか頼もしく感じました



それはいいとして・・・・。

毎日いとこたちとワーワー騒いでそれはもう賑やかで・・・。




正直頭が痛かったです



・・・ん~



みなさんはパパ不在のパパ実家に

何泊滞在できますか?


みつき、今回結構きつかったです


今日はここまで。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。